遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

Live in 国道45号線 

2012年1月30日  10時54分

1月28日、大船渡出身のシンガーソングライターで「さんりく・大船渡ふるさと大使」でもある濱守栄子さんが、遠野まごころネットのボランティアの人たちに慰労ライブコンサートを開催してくださいました。

濱守栄子さん

一緒に来てくださった松本さん

この夏リリースした 東日本大震災チャリティシングル「国道45号線」が 岩手県トラック協会のCMソングに選ばれるなど、 これからが期待されるアーティストです。

会場は寒かったですが心温まるコンサートでした

最後に「この空の下」を会場の皆と一緒に歌いました

この後、濱守さんは、29日は遠野市で行われる「三陸コンサートinみやもりホール」に参加、30日は大船渡市猪川地区公民館で単独ライブを行われます。

三陸コンサートin宮守ホールの様子

他のアーティストの皆さんと一緒に

濱守さんは昨年、大船渡市と陸前高田市にCDの売り上げから20万円ずつを寄付されたそうです。 CDの売り上げの半分は義捐金として使われるとのことですので、ぜひとも応援してあげてください。

さて国道45号線といえば、遠野まごころネットのボランティアが活動する際に必ず通る三陸のマザーロードです。
この道が重要な役割を果たすイベント企画「三閉伊ウォーク」が、現在進行中です。
「三閉伊ウォーク」とは、岩手県最北の九戸郡洋野町を2月19日に出発し、最南の陸前高田市に3月11日正午到着をめざして歩き、、久慈市、野田村、普代村、田野畑村、岩泉町、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市とそれぞれの土地の方々とつながりながら共に歩くことで犠牲者を弔い、復興を誓うというものです。

もうじきこのホームページで発表しますので、ご期待ください。
なお、「三閉伊ウォーク」をビデオ化する際には、濱守さんの「国道45号線」をBGMとして提供したい旨のお話もいただきました。

CDには濱守さんのサインを入れていただきました

事務所内で皆と記念撮影

濱守栄子オフィシャルWebサイト
http://www.eikohamamori.com

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。