遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

【三閉伊ウォーク】2012年2月28日(火)・第8日目:岩泉町小本~宮古市田老(17.9キロ・計129.9キロ)

2012年3月04日  14時37分

宮古市

人口59,118。世帯数24,351(平成23年10月1日現在)。
東日本大震災による死者420名、行方不明111名。家屋倒壊数4,675棟(平成24年2月13日現在)。

宮古市、本当にいいところです。
みなさんもぜひ来てみてください!

2/28 スタートしてから7日目 晴
7時すぎ起床。昨夜はオイルヒーターのかげで、空気が乾燥せず快適に眠れた。
身支度を整え、自治会長の畠山さんにお礼の挨拶に行く。

お世話になった「田野畑村管窪仮設団地」の集会場

9時「小本郵便局」スタート。

本日も元気に歩きます!

道路沿いの民家で洗濯物を干していたお母さんに挨拶して、立ち話。
旦那さんは漁師をやっており、今朝は毛ガニ漁に出たが、波が荒いため引き返してきた、とのこと。
途中でお父さんも帰ってきて、震災時のお話を聞く。
震災時お父さんは、舟を避難させるために沖にでて、2日間海の上にいたそうだ。
幸い船には、食料やストーブなどがあり不自由はしなかったそうだが、携帯電話が通じず安否をお母さんに知らせることができなったそうだ。

お昼は「お食事処あじさい」で天ぷらうどんセットを頂く。揚げたての天ぷらがおいしくて、皆満足。

本日は、歩く距離が少ないため食事後、ここでのんびりと休憩させて頂く。

駐車場に看板犬のホシ君(オス、3歳)がいて、撫でてやるとすぐにおなかを見せてくれる。

ホシ君は柴犬とアイヌ犬のミックス

ホシ君「はやくナデレ、ナデレ」

ご満悦のホシ君

出発前にお店のお母さん、お父さんと一緒に記念撮影して、昼の部スタート。

あじさいのお母さん、お父さん、ごちそうさまでした。

途中「道の駅たろう」で休憩。

地図で歩いてきた道を確認する3人

休憩後、しばらく歩いていると取材班の千葉さんが応援に駆け付けてきてくれた。
せっかくなのでゴールまで一緒に歩くことになり、カメラマンをやって頂くことになった。

千葉さん、ご苦労様です。

本日のゴールは、予定では「新田地区公民館」だが、まだ時間が早かったのでゴールを少し伸ばすことに。

田老町に入ると、市街地はほぼすべて津波で流されていた。

15:50津波で半壊した「たろう観光ホテル」到着。今日はここをゴールとする。

ゴール後、千葉さんを車まで送り、我々は今日の宿「グリーンピア三陸みやこ」に移動。
このホテルの敷地内には、仮設住宅約400戸と「たろちゃんテント」と名づけられた仮設店舗がある。
ホテルの大浴場で疲れを癒し、仮設店舗にある食堂「善助屋食堂」で夕食。
23時過ぎ就寝。

今日のワンコ

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。