遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

3・11 上長部 東日本大震災追悼行事

2012年3月12日  11時15分


 3月11日、陸前高田市上長部(かみおさべ)の長部ふれあい広場で東日本大震災追悼行事が行われました。

最初に、「遠野まごころネット」が企画した「三閉伊ウォーク」(岩手県の北端の町・洋野町からここ陸前高田市上長部までのおよそ300kmの沿岸被災地を3人のボランティア代表が徒歩で歩き通す企画)の ゴールがあり、大勢の方が拍手でボランティア代表の3人を迎えました。

代表の稲田正吾郎さんはゴール後の挨拶で思わず涙。
「こんなにたくさんの方に迎えて頂きありがとうございます。主役はぼくらではなく岩手の被災地の皆さんです。応援いただきありがとうございました」


続いて11時より、上長部地区の区長さんが挨拶をし慰霊碑が除幕され、関係者によりその横で植樹式が行われました。

12時からは焼きそばやお餅、豚汁などの炊き出しがあり、集まったボランティアや関係者のお腹を満たしました。

午後2時過ぎより、「送り火」として地区内の道路沿いに並べられた灯籠に地元の方とボランティアによって火が入れられました。

 そして迎えた14:46。参列した全ての人が手をつなぎ、慰霊碑の前で祈りと黙祷を捧げました。


広場では音楽イベントも開かれ、この日集まった人たちにひとときの安らぎの時間をもたらしました。
(文・写真:高木敬茂)

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。