遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

6.26馬力大会@柏木平レイクリゾート

2011年6月27日  09時53分

スタート後のダッシュ

雨の降る中、遠野市宮守町にある宮守町柏木平優遊広場で「第36回 東北馬力大会 馬の里遠野大会」が開催されました。この馬力大会は、全国各地から集められた一流馬から四流馬までの馬が各クラス決められた制限時間内に375キログラムから975キログラムまでの重石を各馬同じ重さで板に乗せて、ソリを引くようにそれをゴール地点まで運び、その時間を競うというものです。スタート地点からゴール地点の間には障害物となる山があり、その山をいかに速く登りきるかが勝負の決め手となります。従って、山の頂上付近にはたくさんの見物客が集まります。時間内に山を登りきることができなかった馬もいましたが、時間が過ぎても見物客や実況をしている人が応援する姿はとても心温まるものでした。

迫力満点の山登りは馬との連携が必要です

昼休みになるとよしもとあおぞら花月によるお笑いライブとカウボーイによるパフォーマンスが行われました。よしもとあおぞら花月は若手芸人がさらに会場を盛り上げてくれてくれました。カウボーイのパフォーマンスは1コースから4コースまでの間に各一人ずつのカウボーイがいて馬に乗って走りながらこいのぼりを隣のコースの仲間に手渡してリレーをしていくというものでした。どちらも大変熱く、盛り上がるものでした。

こいのぼりリレーをするカウボーイ

[ 今年の馬力大会には、まごころネットも復興支援グッズ販売ブースを出展させていただきました。Tシャツやお馴染みのマスカットサイダーに加えてあの、友情ひじきも販売しました。復興支援グッズはなかなか好評でしたが、レースが始まるとまごころネットのメンバーもついそわそわしてレースを見に行ったり、ブースにいながら背伸びしてコースを覗いたりしていました。 迫力ある馬力大会を通してまごころネットとしても地元の方々とも交流を持つこともできて、より存在を広めていくことができた一日でした。

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。