遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

0710 【投稿】大船渡お茶っこ隊、大宴会!

2012年7月20日  17時46分

7月10日、大船渡ふれあい隊に参加させて頂きました。
メンバーはしなこちゃん、ギャロウェイ容子ママ、初参加髙橋。


いつもは昼食後のひと時のお茶っこですが、今日は特別。たまにはお昼も一緒に食べようよ、ということで各自昼食を持ち寄り11時30分開始です。
メンバーはそれぞれコンビニでお弁当を仕入れ、仮設住宅談話室へ。飲み物とお茶菓子の用意を整えそろそろ時間。
周りは静か、しなこちゃんと、一軒一軒声をかけて廻るも反応は殆どなし。


談話室に戻り、自分のお弁当を前に、このままボランティアだけで昼食会になったりして?と皆で不安な気持ち。しばらく皆でシーンとしていると?

お母さんのお声が。でもなかなかお姿が現れない。玄関に見に行くとなんと持ちきれない程のごちそうを抱えて登場、地元のお母さんの味満載の数々。ビックリしている間に今度は近くにお住まいの娘さんが登場。こちらも山盛りの天ぷらからデザートまで。支援員さんも手作りのお漬物。あっという間にテーブルに乗り切れない程のごちそうがならびました。 直ぐ帰らなくちゃと言っていた夏井さんもモチロン参加。



まごころメンバー全員、お弁当は机の下へ。食べきれないほどのご馳走、どれもが絶品、いつも作ってる物だよ?と地元のやさしい味の数々。
楽しく色々なお話しを伺い、三陸の味を頂き、いったい私は何しに来たのかすっかり忘れてしまいました。
「こうやってたくさん人が集まるのが楽しいのさ」と優しく笑うお母さん。


その言葉に、普段からの心のつながりがある暮らし、仮設住宅にお住まいの方々の絆、親子の絆、被災した方々と支援員さんの絆、被災した方々とボランティアの絆、たくさんの絆を心とお腹にどーんと感じて大船渡をあとにしました。


お茶っこ隊は初めての参加でしたが、これまでの活動で培われた太い絆を感じました。大船渡の方々とまごころネットに深く感謝したいと思います。
もちろん持って行ったお弁当は各自その日の夕食となりました。


(文・写真 静岡県 髙橋雅子)

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。