遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

0720 遠野本部、金管の音色広がる

2012年7月21日  12時37分

まごころネットに「梅津和時ちびブラス」の皆さんが大槌町の公演に向かう際に立ち寄ってくださいました。

以前の告知記事はこちら → 鎮魂の巡礼~世界一周帰国報告コンサート~



梅津和時ちびブラスの方々を紹介します。

写真左から 
菱沼尚生さん(チューバ) 三原智行さん(トロンボーン)   
          梅津和時さん(アルトサックス) 多田葉子さん(テナーサックス)


それぞれが多方面で活躍されている方々ですが、


Overcoming the Disaster , Gratitude from Japan to the World
(災害を克服し、日本から世界へ向けての感謝を)

・・・と題されたアメリカ、フランス、中国の3カ国ツアーに、梅津和時ちびブラスとして参加。
約1か月、各地を巡り公演をされてきました。   → 公式サイト(全文英語サイトです。)



自己紹介を終え、演奏の準備をする皆さん。
楽器の調律を終えれば演奏開始。
演奏を聴きに集まったスタッフの期待も高まります。





演奏が始まると4人の楽器から、伸びのある重厚な音色があふれ出して辺りを包み込みます。
建物の天井や壁に音が反響して聞こえ、肌で空気の振動を感じる。やはり生音は迫力が違います。

2曲目は打って変わってアップテンポの曲調。メンバーそれぞれにソロパートがあり、そのどれもが楽器の特徴に合わせたものとなっていて、 聴いているだけで体がリズムをとってしまうような、楽しい曲でした。


2曲の演奏が終わると、皆さんはゆっくり休憩することもなく大槌町に向かわれました。
忙しいスケジュールで大変なところを本当にありがとうございました!


(文・写真 取材班 佐藤雅也)

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。