- 遠野まごころネット - http://tonomagokoro.net -

0806 香港から音楽を被災地へ

8月5日から9日までの5日間、香港からのミュージシャン5名がまごころネットに滞在し、陸前高田市のけせん朝市、大槌町と大船渡市の仮設住宅、大槌町の福幸きらり商店街の「きらり駅」にて演奏会を行いました。

日本語が堪能なリーダーは李嘉怡(リ・カイ)さん。香港で作曲家として活躍しています。今回の演奏会は、これまでにも3回まごころネットで瓦礫の片付けなどの活動に参加したことのあるカイさんが香港で仲間に呼びかけ、アニカさん、サンサンさん、ハルマンさん、デニズさんが集まり、実現しました。

写真は8月6日、大槌町の2か所の仮設住宅での演奏の模様です。

 

 

フルートアンサンブルやピアノソロのクラシック音楽の後には、用意された曲の中から、上を向いて歩こう、蘇州夜曲、ふるさと、花などを住民の方々がリクエスト。フルート、ギター、ウクレレ、キーボードの演奏に合わせ観客も一緒になって歌いました。

演奏の後は、住民の方々とのお茶っこにも参加。住民の方々は「音楽はいいねえ」「外国から来てくれて」と喜んで下さり、お話が弾みました。

カイさんは「メンバーは日本語があまりできないので心配だったけど、観客の皆さんも一緒に歌って楽しんでくれて幸せでした。」と感激した様子でした。

こうして遠い国からはるばる演奏に来てくださったカイさんたちに私たちボランティアも大変刺激を受けました。ありがとうございました!

(写真・文 飯嶋朋子)