遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

福島のかーちゃんの力・プロジェクト協議会の会長 渡邊さんがいいたて雪っ娘かぼちゃの出来栄えを絶賛!収穫にも丸印

2012年9月20日  17時17分

遠野まごころネットが今年、行っているプロジェクトの一つに「いいたて雪っ娘かぼちゃ」の代理栽培があります。福島県飯舘村のブランド野菜であるかぼちゃ。飯舘村は原発の半径20キロ圏内にあり、野菜を育てることはおろか、人が住むことすらできません。そこで、遠野まごころネットは代理栽培をして種を絶やさないという新しい復興活動を始めました。

かーちゃんの力・プロジェクト協議会会長の渡邊とみ子さん

そのかぼちゃの生育状況や収穫時期を見ていただくため、福島から、かーちゃんの力・プロジェクト協議会の会長渡邊とみ子さんがお越しくださいました。渡邊さんは、かぼちゃの一つ一つをじっくりと見ると「どこに出しても恥ずかしくない出来。このかぼちゃが福島だけでなく、遠野のブランドにもなってくれるとうれしいです。」と話し、今回の代理栽培の出来を喜んでいました。雪っ娘かぼちゃは品質にこだわり、寒さに強い品種改良がされています。渡邊さんたちが長年にわたって研究されたかぼちゃは冬も毛布を掛けておけば凍らずに2月頃まで腐らないという事でした。いいたて雪っ娘かぼちゃの商品シールを貼り、今回の代理栽培は成功に終わりました。




残すは収穫のみとなり、「今度は遠野の方々を集めて、いいたて雪っ娘かぼちゃの試食会を開きましょう。」という渡邊さんの話に「早く食べたい!」と皆楽しみにしているようでした。

福島では、いつから農業が再開できるのか目途がたっていません。遠野でこのかぼちゃをうまく育てられるのか、品種を守れるのか不安もありましたが、多くのボランティアの方に草取りや水やりをしていただいたおかげで問題なく生育することが出来ました。ありがとうございました。

(文・写真 及川将志)

3 Responses to “福島のかーちゃんの力・プロジェクト協議会の会長 渡邊さんがいいたて雪っ娘かぼちゃの出来栄えを絶賛!収穫にも丸印”

  1. 大槻捷夫 |

    いいたて雪っ娘を作ってみたくなりました。京都府北部で、ささやかな畑をしています。種がほしいです。手に入りませんか。

    • 遠野まごころネット事務局 |

      大槻捷夫 様

      コメントをいただきありがとうございます。
      お返事が遅くなり大変申し訳ありませんでした。

      『いいたて雪っ娘かぼちゃ』代理栽培にご興味をもっていただき、有難く存じます。

      代理栽培の担当者と相談した上で、後程大槻様に直接メールでご連絡を差し上げたいと思います。
      数日お時間をいただきたく存じます。

      よろしくお願い致します。

  2. 石川有 |

    収穫のお手伝いをしました。磨き上げた南瓜の美しいこと!
    下に発泡スチロールを敷くのは、「大事」だからでなく、「満遍なく色づかせる為」だそうで、勉強になりました。
    10月27日の収穫祭が愉しみです。

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。