遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

振袖姿に復興を願う

2011年8月09日  19時18分

遠野まごころネットがある遠野市総合福祉センターの和室で、来年の成人式に向けた振袖の展示会が開催されました。この和室、日頃は女性ボランティアの宿泊場所として使用するため寝袋で埋めつくされるのですが、この日だけは色とりどりの着物が飾られいつもとは違った華やかな雰囲気となりました。

振袖姿に復興を願う

艶やかな着物にうっとり

この展示会を主催したのは、花巻市にある株式会社「高千代」さんです。こちらの展示会で着物を予約された場合、成人式での着付けやメイクは遠野まごころネット事務局メンバーである永田日刀美(ひとみ)さんの美容室「アトリエ遊」で連携して行うそうです。今年3月は東日本大震災の影響で卒業式が中止となった学校なども見受けられ、人生の節目の喜びを分かち合う機会がないままそれぞれの人生を歩み始めた方々が少なくありませんでした。呉服の展示会の開催も本来は毎年3月がピークなのだそうですが、呉服業界も津波の影響でかなりの痛手を被っています。

着物はやっぱり素敵です

華やかな着物を羽織ることにためらいを感じるムードはまだ払拭されたとは言いきれない状況ですが、「一生に一度の成人式はやはり振袖姿で」と願っていらっしゃる方もいます。高千代の高橋宏史社長は「人生の節目を大切にするのが日本の文化。習慣に基づいたセレモニーも可能であれば平常通りに戻ることが東北の復興にもつながることになる」とおっしゃっていました。

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。