遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

リピーターを含めた団体ボランティアの皆様へ

2011年8月12日  09時51分

ここ数日、遠野まごころネットには多くの団体ボランティアのみなさんが訪れています。夏休み期間中で元気あふれる学生のみなさんの参加も増えており、まごころネットでのボランティア活動をこれからやってみようかと検討されている団体の方々もいらっしゃると思います。そこで、団体でのボランティア参加についての注意事項をあらためてお知らせしますので、必ず内容をご確認された上でお申込みください。

ミーティングの風景

  1. 団体でボランティアに参加される場合は、可能な限り参加予定者を対象とする事前説明会を実施してください
    事前説明会用の資料を添付しますのでぜひ、ご活用下さい。  PDF資料はこちらです
  2. ボランティア参加にあたっての準備と心がまえについて、十分なご理解とご協力をお願いします。
    ボランティアの基本は自己完結です。災害ボランティア保険は必ず事前に加入手続きを済ませた上で遠野にお越し下さい。稀に団体ボランティアの方で保険に加入しないまま、遠野にいらっしゃるケースがあります。せっかく遠野まごころネットのボランティアとして活動を希望されるのであれば、心がまえの入り口でつまづくことがないようお願いします。
    まごころネットでは様々なボランティア活動を行っていますが、参加したい活動を事前に指定することはできません。現地の状況やニーズに応じて必要とされる活動内容は日々変わりますので、実際に遠野にお越しになってから求人とのマッチングをして決定することとなります。
    どのような活動でも対応できるよう、十分な装備をお願いします。

館内の連絡事項ボード

被災地ではしばしば余震が続いています。実際に活動をする現場は地震や津波の被害が起きた場所であり、いまだに危険な状態のところもあるということをしっかりと認識し、現場作業にあたっては装備を十分に整えた上でご参加下さい。
特に、踏み抜き防止の中敷きや、厚手の手袋、長靴等の準備をしないまま、ボランティアに来られる方が目立ちます。また、けが等を防ぐために夏場でも上下長袖の作業着の着用をお願いします。たったひとつのけがによってその地域の現場での作業がすべて止まり、復旧の進捗に支障をきたすようなケースもありますので、活動にあたっては気を引き締めてご参加願います。

被災者の方のなかにはご家族や友人など、かけがえのないものを失った方も多く、なにげない一言が相手を傷つけてしまう場合がありますので、思いやりの気持ちを忘れないようにしましょう。
ボランティアは観光ではありません。活動中にむやみに写真撮影をすることは配慮に欠ける行為ですので、くれぐれも言動にはご注意ください。

また、まごころネットでの充実したボランティア生活を陰で支えてくれているのも同じボランティアのメンバーです。団体で宿泊施設を利用される場合は、整理整頓やマナーの遵守にもご協力をよろしくお願いします。

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。