- 遠野まごころネット - http://tonomagokoro.net -

3度目のキャンドルナイトが開催されました

三陸海の盆が開催された8月11日、遠野まごころネットで3度目のキャンドルナイトが開催されました。まごころネットの本部がある福祉センターでは、正面玄関の電気を消してキャンドルを置き、そのキャンドルの灯りの中での会となりました。今回を含め3度の全てのキャンドルナイトではまごころネットで活動をするボランティアがペットボトルで燭台を作り、エコにも気を使ったキャンドルナイトを開催しています。

キャンドルナイト

色とりどりの燭台

今回のキャンドルナイトでは今までの活動を、スクリーンを使ってスライドショーで振り返ったり、まごころネットの復興テーマソングにもなった「この空の下」を千葉和さんご本人に演奏していただいたりしました。千葉さんは「この空の下」の他にもご本人が作詞・作曲をしたほか2曲も演奏してくださり、夏の夜に心地良い声とアコースティックギターで色をつけました。

今回のキャンドルナイトでは全国で一斉に線香花火に火を灯そうという企画があったため、会の最後にはその場にいた全員で線香花火をしました。

キャンドルナイト

線香花火

花火は元来、亡くなった方への慰霊と鎮魂の意味を持つものでもあります。「瞬間の芸術」とされて今日まで生きてきたこの「花火」というものに日本人は命の儚さと美しさを表現してきたのではないでしょうか。このような背景がある中での線香花火はとても重大な意味を持ったものであります。

今回のキャンドルナイトは今までのキャンドルナイトよりも花火を純粋に楽しんでいる姿が見られたのはもちろんですが、震災から5か月が経過したことや、ここでキャンドルナイトを行う意義について語り合う光景が見受けられて、とても有意義なイベントとなりました。