- 遠野まごころネット - http://tonomagokoro.net -

安渡産大槌復興米、栽培2年目スタート!

平成23年。津波でどこかから流れ着き、大槌町安渡(あんど)の住宅跡で人知れず芽吹き、人知れず実った3株の米。

「安渡産大槌復興米」と名付けられたこの奇跡の米を、発見者の菊池妙さん、そして妙さんの中学校の同級生・臼澤康弘さんといっしょに、遠野まごころネットは栽培してきました。

 

130413妙さん

妙さんと安渡産大槌復興米

 

栽培1年目の去年は、大勢のボランティアさん達の協力もあり、無事5.4kgの籾を収穫。

2年目となる今年も、すでに栽培がはじまっています。しかも、去年以上の規模で−−。

 

 最初の作業がおこなわれたのは、4月9日。去年取れた種籾を、水に浸けるところから開始です。

130409籾を水に

 

その後、4月13日にこの種籾を浅いバットにまきました。

130413籾まき

無事に発芽して、5月7日にはご覧のとおり。

130507苗

そして5月25日、満を持して田植えを開催しました!

DSC_1463

DSC_1429

DSC_1420

DSC_1364

DSC_1346

DSC_1477

DSC_1473

DSC_1224

 

これから秋の収穫の日まで、世話が続きます。

 

妙さんは一昨年、安渡産大槌復興米で作ったおにぎりを真っ先に食べたい、とおっしゃっていました。

その願い、今年こそ叶えたいところです。

 

過去の記事

一粒の米流れ来ずんば 

おっきぐおがれ!「安渡産大槌復興米」 

「安渡産大槌復興米」が無事、稲刈り式を迎えました! 

 

(「遠野物語——遠野まごころネット被災地支援への挑戦 2011-2013」254〜257ページもご覧ください)

 

(文責:柳澤)