遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

【まごころ就労支援センター】支援物資(布地)のお願い

2016年3月22日  17時20分

遠野まごころネットでは、被災地の障がいをお持ちの方々が復興から取り残されないよう、お仕事を紹介して自立を応援する「まごころ就労支援センター」を、2013年から釜石市と大槌町で運営しています。

まごころ就労支援センターでは、岩手のハーブや食材を生かした食品のほか、ラベンダーのサシェ(香り袋)、くるみボタンアクセサリー、ポケットティッシュケースなどの手仕事品を障がいをお持ちのみなさんにお仕事としてつくっていただいています。また応急仮設住宅にお住まいの方などに内職していただいている「まごころねこぴんち」のパッケージングもしていただいております。

ねこぴんち サシェ

 

これら手仕事品づくりの材料となる布地が現在不足しています。

もしお手元に不要な布地がございましたら、まごころ就労支援センターにご寄贈いただけないでしょうか。必要としている布地は以下のものです。

 

◯綿100%の布地
・ニット地(適度に伸縮性のあるもの)。Tシャツ等の古着でも構いません。
・まごころねこぴんちに使います。
・新品、ないし新品に近いもの(クリーニング済み)でお願いします。
・小さ過ぎる端切れではなく、ある程度の大きさのあるものが必要です。

 

◯その他の布地  ※現在は受付を一旦終了しております
・透けない程度の厚さのもの。綿でも着物の生地でもけっこうです。
・ラベンダーのサシェ(香り袋)、ポケットティッシュケースなどに使います。
・新品、ないし新品に近いもの(クリーニング済み)でお願いします。
・小さ過ぎる端切れではなく、ある程度の大きさのあるものが必要です。

 

布地をいただければ、障がいをお持ちの方々や応急仮設住宅にお住まいの方々のお仕事ができ、被災地に雇用と産業を生むことができます。雇用と産業の創出は、今、被災地が最も必要としていることのひとつです。どうぞご支援、よろしくお願いいたします。

お送りいただく前に、布の種類や量などをご連絡いただけますと大変助かります。

送り先とお問い合わせ先

 まごころ就労支援センター釜石
 〒026-0055 岩手県釜石市甲子町9-241-106
 電話:0193-27-2001
 e-mail:magokoro.lab@gmail.com

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。