- 遠野まごころネット - http://tonomagokoro.net -

【平成28年台風10号】岩泉町・災害支援ボランティア活動 Q&A

今年8月末に岩手県を直撃した台風10号は、岩泉町、久慈市、宮古市など岩手県各所に大きな被害をもたらしました。遠野まごころネットが現在スタッフを派遣し、支援をお手伝いさせています岩泉町でのボランティア活動につきまして、よくいただく質問をまとめました。

 

Q. ボランティアは必要ですか?

A. 必要です
  現時点では被災された方々からいただくニーズに対して、ボランティアがまったく足りていません。

 

Q. どのようなボランティア活動がありますか?

A. 家屋からの泥出しなど、ハード活動が主ですが、ソフト活動もあります。

 

Q. どうやって参加できますか?

A. 岩泉町災害ボランティアセンター岩泉町岩泉字森の越4-14ふれあい交流福祉館・090-7079-6035)にお申し込みください。お申し込みに際しましては岩泉町災害ボランティアセンターの最新情報をご確認ください。遠野まごころネットは岩泉町災害ボランティアセンターのサポートをさせていただいております。

 

Q. 現地までの交通手段は?

A. 岩泉町災害ボランティアセンターは、盛岡駅東口発のJRバス「早坂高原線」(龍泉洞行き)に乗り、森の越停留所で降りてすぐです(10月31日までは運賃無料。参考:時刻表)。
  小本サテライトには、三陸鉄道北リアス線の小本駅から歩いて行けます。
  ボランティア・バスは岩手県社会福祉協議会等で運行しています。
  遠野まごころネットでは、遠野からのボランティア・バスを定期的には運行していません。
  11月30日までは高速道路の無料通行措置もとられています(災害派遣等従事車両証明書の申請が必要です)。

 

Q. 現地にボランティア滞在施設はありますか?

A. ボランティア・ステーションとボランティア・キャンプの2か所があります。
  ボランティア・ステーションは「B&G海洋センター」(岩泉町岩泉字中家55)、
  ボランティア・キャンプは「龍泉洞観光会館駐車場」(岩泉町岩泉字小屋敷4-8)です。
  詳細はいわてNPO災害支援ネットワーク岩泉本部(080-8219-8946・E-mail: inds@inds.jp)までお問い合わせください(こちらにもかんたんな情報を掲載しています)。

 

Q. ボランティアセンターからボランティア滞在施設までは歩いていけますか?

A. はい。岩泉町災害ボランティアセンターからB&G海洋センターまでは徒歩で10分程度です。

 

Q. 食料などを現地で買うことはできますか?

A. はい。ボランティアセンターの向かいにはコンビニエンスストアがあります。町中にはスーパーもあります。

 

Q. 入浴施設はありますか?

A. 近隣のホテルの通り湯をご利用いただけます。

 

Q. 支援物資は必要ですか?

A. 10月11日現在、緊急に必要としている物資はありません。

 

Q. 遠野まごころネットは支援活動をおこなっていますか?

A. おこなっています。
  いわてNPO災害支援ネットワークに参加し、これまでに物資配布、泥出し、お茶っこ/手芸の会、足湯、支援金/義援金の募集などをしています。担当地区は、中里地区です。ボランティア・コーディネートにつきましては、現地ボランティアセンターをサポートする形でおこなっています。

 

Q. ボランティア活動の問い合わせ先/遠野まごころネットのスタッフの連絡先は?

A. いわてNPO災害支援ネットワーク岩泉本部(080-8219-8946・E-mail: inds@inds.jp)です。