- 遠野まごころネット - http://tonomagokoro.net -

【ボランティア】おかえりなさい、三好さん

大阪の三好淳二さん。2011年3月11日直後から定期的に活動してくださっている遠野まごころネットのボランティアの草分けであり、ボランティア壁新聞「よりそう」の編集長であり、風化防止のため「ヨーロッパ縦断・徒歩の旅」(PART1PART2)をしてくださったボランティアさんです。

その三好さんがこの11月、遠野へ来てくださいました!! 約2年ぶりの活動です。

 

三好さんが活動してくださったのは11月23日(金・祝)と24日(土)。作業は遠野・さむかぜヴィンヤードでの「冬囲い」です。

被災地での仕事づくりのためつくっているワインの原料となるブドウですが、苗にとっては遠野の冬はなかなか厳しいものです。無事、苗が冬を越せるよう、防寒用の稲わらを幹に巻きつける大切な作業が「冬囲い」です。

両日雪がぱらついて寒い中、三好さんをはじめボランティアのみなさんはがんばって作業してくださいました。

ありがとうございます! これで今年の冬も安心です。

 

そして25日(日)、三好さんは「来年また来ます!」の言葉を残して去っていかれました。

三好さん、今回もおつかれさまでした。次の遠野への「お帰り」を心からお待ちしております!

2011年から7年たちますが、三好さんは変わらずお元気でした。来年「ヨーロッパ縦断・徒歩の旅」の続きをされるとのことです。

 

ちなみに三好さん、滞在中にボランティア壁新聞「よりそう」の第225号第226号第227号第228号をつくってくださいました。

活動の内容や現在の被災地の様子など、ボランティアさんの視点から、わかりやすく書かれています。ぜひご一読を。

 

※ボランティア壁新聞「よりそう」の創刊号~最新号はこちらをご覧ください。