- 遠野まごころネット - http://tonomagokoro.net -

大船渡でのまごころベンチづくりの様子

大船渡の仮設住宅で、住人の方々とまごころベンチを作りました。 仮設住宅の周りには休む場所がなく、ゆっくり外でおしゃべりをする憩いの場所がありませんでした。 そこで、HPでベンチの材料を募り各仮設住宅の方と一緒に作ろうと企画しました。 部品と完成品はあるのですが組立図が無い為に、皆さん「あ~でもない、こ~でもない」と協力しながら組立てました。 出来上がった後、お礼にと大船渡音頭を披露してくれました。

高知県の奈半利中学校から沢山の材料をいただきました。ありがとうございます!

仮設のみなさんと記念の一枚

今回、まごころベンチの材木はボランティア世話役の森さんのご実家・高知県安芸郡奈半利町から50セット送って頂きました。 森さんのご両親がHPをご覧になり、まごころベンチの存在を知ったそうです。 奈半利町は昔から林業が盛んだったらしく、コレはっ!と云う事で多くの方に協力してもらいながら今回のご支援をして下さいました。 皆さん何か支援をしたいと思っていたそうですが、何をしたら良いかわからず日々を過ごしていたそうです。 また高知県も南海大地震がいつ起こるか、と云われている土地で他人事では無いそうです。 腰掛部分には奈半利中学校の生徒達が1つ1つメッセージを書いてくれました。 今回のご支援で奈半利町の方々には、「地域が一体になり震災について考える事もでき、感謝します。」とお礼も頂きました。

みんなで試行錯誤して組み立てています

組み立てたベンチは仮設の縁台に…

また以前、奈半利町長や周辺地域の中芸集出荷場の方々のご協力で新鮮野菜を大量に送って頂きました。

http://tonomagokoro.net/archives/1662

森さんはボランティアミーティングの最後にいつも言ってた言葉があります。 『情熱は伝染する!』 風化して行く現状を私達の情熱で食止めましょう!!

[2011.09.27更新]
動画をアップしました!材木を送ってくださった皆様にお礼のメッセージです。