遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

まごころベンチづくり(倉敷市からも材料をいただいています)

2011年10月03日  11時10分

募集しておりました”まごころベンチ”。
先日投稿した高知からの材料でのベンチ作りに加えて、倉敷市からも100脚分の材料が届き、さっそくカフェ隊が出動している仮設団地で現地の方々と協働作成をしています。

今回訪問したのは、大船渡の綾里仮設です。 こちらでは、高知からの10脚、倉敷からの10脚、計20脚を現地の方々と作成しました。「作るのは難しくないですか?」と質問したところ、おじちゃんたちから「俺たちは、こういうものを作るのプロだからね!」と笑顔で答えていただいています。
東北は段々と寒くなってきましたが、こうした笑顔が生まれる活動を持続的に行ってゆけるようにしてゆきます。

One Response to “まごころベンチづくり(倉敷市からも材料をいただいています)”

  1. MMM |

    岡山をはじめとして全国の方たちには本当に感謝の言葉しかありません。
     こちらには岡山から来て遠野に常駐しながら、支援に協力してもらっている人達も多くおり、岡山県に足を向けて寝る事はできませんね。 岡山だけでなく、東西南北全方向に足を向けれなければ立って寝るしかないです!! (地球の裏側からも多くの支援を受けていますが)
     今は全国の皆さんの協力、支援に甘えさせてもらっていますが、必ずいつの日か岩手県人として孫子の時代までかかってもこの恩返ししますので!  これからもたくさんのアイディアや支援宜しくお願いします。  息子のお嫁さんは岡山から来てもらおうかな!

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。