遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

枯れた木が地区の休み所へ

2011年10月01日  16時59分

陸前高田市気仙町上長部地区で杉の皮剥きをしています。
塩害で枯れた杉を利用して地区の農作業時の休憩所を造る計画の一環です。

切り倒してから時間が経った木は、剥ぐのが面倒です。甘皮が残ると、その下に虫が巣くうので大変です。
切り倒したばかりの木は、面白いようにクルンと剥けるのではまります。そういう木は、木肌が白くてツルツルで美しいです。

あしたへの一歩を作っています。

 

(記事・写真:宮本賢治)


箱崎にてボランティアへの炊き出し

2011年9月14日  15時20分

箱崎のお母さんたちが、日頃から頑張っているボランティアの皆さんへ「ひっつみ」(すいとん)をご馳走したいとのお話があり、取材に行ってまいりました。

大きな鍋で作っている「ひっつみ」はとても美味しそうでした。

箱崎のお母さんたちが作るひっつみ

ボランティアの皆に対して地域の人たちがご馳走したい、というのは今回初めてではないでしょうか。

(さらに…)


サンマ回収からヒマワリ開花まで~上長部地区

2011年9月04日  17時36分

4月19日に開始した瓦礫撤去(通称:サンマ隊)、そして2か月半前の種まきを経て、ご覧のとおり上長部地区に立派なヒマワリの花が咲きました。
大勢のボランティアの奮闘と戸惑いを振り返りつつ、ヒマワリの開花にホッと一息。

上長部地区のヒマワリ

上長部地区のヒマワリ

上長部地区の関連記事


釜石市箱崎町の護岸工事(水路堀り)作業

2011年9月02日  11時05分

9月1日の夕方、箱崎の護岸工事(水路堀り)に行っていたボランティアのリーダのマサキさんが、 「やりました。完成しました。写真も撮ってきました。」と、いかにも、仕事をやり遂げたという表情で事務局にやってきました。

津波により、川というか沢というか、の水の流れが変わり、雨が降る度に民家に水が流れこんでいる。そこで、本来の流れを取り戻すべく作業してきたそうです。

作業前の状況

水の流れる気配が無く、猫が居ります

(さらに…)


朝採りトウモロコシを保育所へ~農援隊の1日

2011年9月01日  07時30分

朝採りのトウモロコシの塩ゆでを、大槌町の保育所にお届けしました。遠野市のお母さんから「収穫物を支援物資として提供したい」と提案をいただき、農援隊が受入れ先をコーディネートして、大槌町の子供たちと出会うことができました。

朝採りトウモロコシを保育所へ

遠野のお母さん

(さらに…)


浪板海岸の花壇整備

2011年8月20日  09時27分

浪板海岸沿いの国道45号線では、復興プロジェクトとして花壇の草取りが行われています。 浪板海岸は地元でも海水浴やサーフィンに訪れる人が多い海水浴場がありますが、今はこのとおりです。

(さらに…)

墓地清掃が終了 『僕らはくじけない!』

2011年8月13日  09時00分

大槌町の江岸寺(こうがんじ)さんでの墓地清掃は、8日間の作業を経て12日に終了しました。写真の横断幕は、一緒に活動させていただいた地元業者の岩間建設さんがお持ちくださったもの。大槌町がモデルと言われるテレビ人形劇「ひょっこりひょうたん島」のテーマ曲の歌詞が、力強いメッセージとして現れました。

『苦しい事もあるだろうさ 悲しい事もあるだろうさ だけど…僕らはくじけない!』

墓地清掃作業が終了

(さらに…)


大槌町の墓地の清掃が行われています

2011年8月10日  19時03分

沿岸部、大槌町にある曹洞宗江岸寺に立ち並んでいる墓石。ここにある墓石の多くが震災の影響で損壊してしまいました。現場には多くの墓石の破片や壊れた仏像などが散乱し、とても目を当てられるものではありませんでしたが、「多くの先人たちが眠っているこの場所をもう一度、綺麗な墓地にして故人に安らかに眠っていただこう」と墓地の清掃活動を始めることに。活動5日目となる今日は大槌町のボランティアセンターの方々と手分けして作業を行い、泥出し・瓦礫の撤去・損壊した墓石の片付けなどを行いました。

更地となった現場に佇む墓地

(さらに…)

墓参道整備のボランティア

2011年8月02日  18時06分

今日は、大槌町の墓地の墓参道整備に行っているボランティアさん達を取材に行って参りました。 この沿岸地域では8月7日からお墓参りが始まるそうで、そのための整備です。

墓参道整備

お墓周りの草取り作業

蓮乗寺さまの墓地では5名ボランティアの皆さんは一生懸命落ち葉やゴミを拾ったり草むしりをしていました。

(さらに…)


まごころの郷 草刈りをしました!

2011年7月28日  16時20分

まごころの郷

少人数で手分けしてやりました

被災された方々が仮設住宅へ入居した後のコミュニティ施設となる大槌町・「まごころの里」のオープンに向けて準備が着々と進んでいます。

仮設住宅へ入居すると、避難所で一緒に生活を営んでいた人々が離れ離れになってしまい、見ず知らずの人同士が集まるためにコミュニケーションをとることが難しくなり、孤立する人が多くなるという問題点が浮上しています。

まごころネットではそのような問題点を少しでも改善するために「まごころの里」のようなコミュニケーションをとることできる場所を開発しています。また、まごころの里では、仮設住宅で暮らす子どもたちが楽しく遊べて、新しい経験を積むための「自然とのふれあい教室」などが計画されており、コミュニケーションをとるための場所としては重要な役割を担うものとなりそうです。

(さらに…)


「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。