遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット



【大槌復興米】奇跡の米・栽培6年目の歩み(11/5更新)

2017年11月05日  11時30分

東日本大震災の津波に乗ってどこかから流されてきて、大槌町安渡(あんど)の菊池妙さんの家の跡で芽吹き、逆境を乗り越えて実った奇跡の米「大槌復興米」。妙さんから種籾を託された遠野まごころネットでは、大槌復興米を大槌町の新たな産物にそして地域の復興のシンボルに育てようと、ボランティアのみなさんや地元のみなさんと栽培をおこなってきました。プロジェクト開始から6年目となる2017年の栽培の模様です。

(さらに…)


【イベント】11/10~12 埼玉全県一斉商店街まつりに参加します

2017年11月03日  12時05分

埼玉県川口市で遠野まごころネットが運営している復興応援ショップ「みちのく社中」。自然災害の被害を受けてしまった東北や九州のお店の商品を販売し、首都圏から経済支援するお店です。このたび埼玉県民の日に合わせて県下13市で開催される埼玉全県一斉商店街まつり(主催:埼玉県商店街振興組合連合会)に、みちのく社中も川口銀座商店街振興組合様といっしょに参加させていただくこととなりました。

(さらに…)


【あまほらヴィンヤード】ブドウ収穫の秋をむかえました

2017年10月27日  13時20分

被災地に新たな産業を、ということで拓かれた釜石まごころの郷「あまほらヴィンヤード」。地元のみなさまといっしょにワインの材料となるブドウの栽培をしています。寒い夏の影響が心配されましたが、今年も無事ブドウの収穫のときをむかえました。10月25日(水)、シーズンを締めくくる収穫作業をおこないました。

(さらに…)


【まごころ就労支援センター】釜石新センター、着工からオープンまで

2017年10月27日  10時45分

復興の格差が広がっている今、被災地の障がいをお持ちの方々が復興から取り残されないよう集える場所・働ける場所を提供するまごころ就労支援センター。釜石市甲子町のソーシャルファーム「あまほらヴィンヤード」内に建設がはじまった釜石の新センターのオープンまでの様子を、こちらでリポートします。

(さらに…)


【あまほらヴィンヤード】2017年の秋の実りと復興のために(10/27更新)

2017年10月27日  10時40分

東日本大震災から6年以上が経過し、コミュニティの再建と経済の振興が大きな課題となっている岩手県沿岸被災地。被災地に新たな産業を生もうと、ブドウの栽培とワインの醸造に挑戦する釜石まごころの郷「あまほらヴィンヤード」地図の2017年の取り組みです。

(さらに…)



【大槌復興米】「たえの酒」、首都圏でお披露目販売

2017年7月06日  12時30分

毎年夏、埼玉県川口市で開催される「自然ふれあい祭り」(主催:川口銀座商店街振興組合)。ホタルの鑑賞会やザリガニ釣り、ブルーベリー摘みなどのイベントがあり、都会に暮らす地域の子どもたちにとって貴重な機会となっています。遠野まごころネットも2013年以来毎年のように参加させていただいているこのイベントで、津波で流されてきた奇跡の米「大槌復興米」をつかった商品を披露させていただきました。

(さらに…)


【大槌復興米】「たえの酒」ウェブ販売開始のお知らせ

2017年6月29日  13時12分

津波で流されてきて逆境を乗り越えて実った奇跡の米・大槌復興米でつくったお酒「たえの酒」。発売以来イオングループ様各店など岩手県内でしか販売されていませんでしたが、県外の皆様にもぜひ味わっていただきたいということで、2017年6月30日(金)夜、遠野まごころネット「ソーシャルファーム&ワイナリー」内のウェブショップで販売を開始いたします。

(さらに…)


「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。