遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

2011年9月11日 遠野キャンドルナイト

2011年9月10日  21時10分

終了しました。ぜひ録画をご覧ください!


Video streaming by Ustream

遠野まごころネットでのキャンドルナイトは、ボランティアによって運営されています。今回立候補してくださったのは、太田杜人さん、堤裕之さん、佐藤根菜穂子さん。東京での六カ月報告会とつながるなど、新しい試みが生まれています。3人からのメッセージを発信します。

(さらに…)


大槌町の仮設で巨大カステラづくり(8月12日)

2011年8月17日  11時46分

お盆前の8月12日、カフェ隊で大槌チームのリーダーを行っている奈良さんが、ご自身が代表でもある「フライパンダ」という巨大カステラづくりの活動を、この日のためにいらっしゃった仲間と現地で行ってくださいました。 動画は活動の様子です。子供たちの「おー」っていう歓声が響き渡っています。

(さらに…)

3度目のキャンドルナイトが開催されました

2011年8月12日  23時13分

三陸海の盆が開催された8月11日、遠野まごころネットで3度目のキャンドルナイトが開催されました。まごころネットの本部がある福祉センターでは、正面玄関の電気を消してキャンドルを置き、そのキャンドルの灯りの中での会となりました。今回を含め3度の全てのキャンドルナイトではまごころネットで活動をするボランティアがペットボトルで燭台を作り、エコにも気を使ったキャンドルナイトを開催しています。

キャンドルナイト

色とりどりの燭台

(さらに…)


「三陸海の盆」を開催、郷土復活への新たな一歩

2011年8月12日  18時04分

11日、大槌町のまごころ広場うすざわ特設会場で第1回「三陸海の盆」が開催されました。「三陸海の盆」とは、東日本大震災で犠牲になられた方々を永遠に記憶し、この悲劇が風化しないよう、被災地三陸と支援地が一体となって犠牲者の方を供養するとともに、ふるさとや郷土芸能の復活を願って開催されたものです。午前11時から午後9時までという長時間にわたるイベントでしたが、晴天にも恵まれ、多くの来場者で会場が埋め尽くされました。遠野まごころネットではこの「三陸海の盆」をUSTREAM経由でインターネット上に配信し、全世界に向けて岩手県沿岸部の今をリアルに伝えました。

灯ろうにメッセージを書く小学生

(さらに…)

カッパ隊と川遊び

2011年8月08日  13時39分

大槌町の子供たちと一緒に川遊びを楽しむ「カッパ隊」が7月30日から8月7日まで大槌川のほとりにあらわれました。カッパ隊は8時30分に遠野を出発し、10時頃に大槌町中心部から約6キロメートル上流にさかのぼった現場に到着、川遊びの準備を始めます。子供たちは10時30分から15時まで好きな時にいつでもカッパ隊とここで泳いだり遊ぶことができます。

何をして遊ぼうかな?

(さらに…)

まごころの郷で、初のカフェイベントを開催

2011年8月06日  21時27分

大槌の佐野屋球場隣りに整備途中の「まごころの郷」で、各チーム合同のカフェイベント⇒カフェ隊/足湯/まけない象づくり/マッサージ、に加えて、アコースティックライブも開催されました。

各チームのテントで多くの方が来てくださいました

(さらに…)

大槌 吉里吉里中学校でカフェイベントが開催されました

2011年7月30日  11時28分

大槌町の吉里吉里(きりきり)中学校に隣接する仮設住宅の敷地内で、カフェイベントを開催。足湯隊とマッサージ班も合流して、お子さんからご年配の方まで幅広い年齢層の方にお楽しみいただきました。短いですがまずは動画で全体の様子をご覧ください。 (さらに…)


アート縁日

2011年7月17日  10時53分

7月24日、東京石神井にて、「工房なある」さん主催の縁日に遠野まごころネットが参加することになりました。 工房なあるさんは石神井にある造形教室で、子供から大人までを対象に図画工作を教えています。 (さらに…)

「遠野探訪」

2011年7月15日  13時46分

7月16日午前11時より午後4時まで、東京の中野ブロードウェイにて、「遠野探訪」を開催いたします。遠野市観光協会とまごころネットが一緒になって、遠野を盛り上げよう!
被災地の現状、まごころの活動を知ってもらおう!という趣旨のもと、 まごころでの活動を終えて帰京したボランティアの方々にも手伝って 頂き、イベントをおこないます。 東京の方々に少しでも関心を持って頂きたく、チラシの配布やTシャツの販売、 写真の展示などを行います。
皆様是非遊びに来て下さい。

届けたい ささやかな「スマイル」

2011年7月15日  12時22分

写真左から久米雅之さん(ドラムス)、岡淳さん(テナーサックス)、   俵山昌之さん(ベース)、小山道之さん(ギター)

13日、大槌町の「まごころ広場うすざわ」で東京から来訪した岡淳(おかまこと)さんを含む4人のメンバーによるジャズライブが開催されました。

岡さんたちは被災地にジャズを届ける“JAZZ  for 東北”というプロジェクトのもとで、7月12日から3日間にわたって岩手県釜石市と大槌町、宮城県南三陸町で演奏活動を展開。まこごろ広場でのジャズライブは6月6日に続いて2度目となります。

この日のまごころ広場の気温は36度。じっとしていても汗が滴り落ちる厳しい暑さのなかで、4人のメンバーは「チュニジアの夜」や「星に願いを」など合計 10曲を披露し、大槌の青空にジャズの音色が響きわたりました。そして1時間半にわたる熱演を締めくくった曲はチャールズ・チャップリンの「スマイル」。

集まった地元の方々のなかにはメロディに合わせて体でリズムを取ったり、笑顔で拍手を送る女性の姿も見られるなど、まごころ広場はなごやかな雰囲気に包ま れました。演奏終了後にまごころ広場の冷たい麦茶をメンバーの皆さんにお出ししたところ、「夏休みの味がする」と喜んでいらっしゃったのが印象的でした。 岡さんは7月下旬にも再び東北支援のためのジャズツアーを計画しているそうです。

(さらに…)


「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。