遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

11月末・大船渡イベントの御報告です

2012年1月01日  21時57分

バッタバタの日々で大変遅くなりましたが11月末・大船渡イベントの御報告です。

《11月26日(土)上山公民館》
避難所暮らしから新たな生活が始まり4ヶ月が経過。
被害を受けてしまった方全員が仮設住宅で暮らしている訳ではありません。
自宅の1階を流され2階で暮らしてきた方、親戚・身内の家に移られた方、避難所から民間のアパート・雇用促進住宅等(みなし仮設)に移られた方。
皆さん今までと全く違う不便な生活を送っています。

(さらに…)


第4回構成員会議~陸前高田市ハード部隊隊長 稲田正吾郎さんからの報告

2011年12月26日  16時00分


より大きな地図で 陸前高田市 を表示

私は5月から活動させていただいていて、6月からは陸前高田市の現場隊長を担当している。陸前高田市での活動場所は、小友町、広田町、米崎町、気仙町、高田町、と広範囲。最近は米崎町舘(たて)で住民のみなさんからニーズを聞きながら作業を進めている。

活動のなかで一番多く関わっている地域は気仙町上長部。ご存じの方も多いと思うが、ゴールデンウィークからサンマ隊が活動し、私は忘れもしない6月18日にサンマ隊第2弾として初めて上長部を訪れた。それ以来上長部では半年以上お世話になっているが、現在は瓦礫撤去作業はほとんどない。地元のお父さんお母さんたちと話をしながら1日を過ごすような感じ。

(さらに…)


第4回構成員会議~大槌町お茶っこ隊隊長 奈良寿昭さんからの報告

2011年12月22日  14時09分

12月19日に第4回構成員会議が開催されました。構成員会議は各回ごとにテーマを設けていますが、今回は長期間活動中の隊長さんなどが現在の活動内容を報告しました。本ページでは大槌町で「お茶っこ隊」の隊長として活動する奈良寿昭さんのお話を紹介します。
※ 構成員とは遠野まごころネットで活動している参加団体です


奈良寿昭さん

私は遠野まごころネットでは6月14日から活動しており、7月末から大槌社協主催と言う形での大槌お茶っこ隊の活動を、48か所の仮設住宅すべてで開催している。仮設住宅入居当時は住民同士が顔見知りではない方がほとんどであったので、住民交流の場を設けコミュニティを形成して行くための支援活動をしている。遠野まごころネットの活動方針として「弱者救済」があり、コミュニティサポートを行うお茶っこ隊の活動の他、パーソナルサポートを行う生活支援チームの活動が両輪となって被災者支援活動を行っています。

(さらに…)


プレゼント袋詰め作業(サンタ100人プロジェクト)

2011年12月19日  14時18分

サンタ100人プロジェクトでは、当初100人のサンタの予定が500人にはなりそうとのこと。
また、このプロジェクトでは沢山の募金やプレゼントが全国から集まっており倉庫も満杯です。
皆さん暖かいです。 募金やプレゼントを贈ってくれた皆様には心より感謝申し上げます。

さて、これだけのサンタの人数と集まった募金やプレゼントを配るとなると かなりの数のプレゼントを準備しなければなりません。
12月17日からプレゼントの袋詰め作業が始まりました。
旧綾織小学校体育館でプレゼントの袋詰めをしようと思ったそうですが、あまりにも寒くて柏木平の「ふるさと交流体験学習施設」で暖をとりながら行うことになりました。

旧綾織小学校体育館からプレゼントを運び出します

柏木平ふるさと体験学習施設

(さらに…)


「げんちゃん」オープン

2011年12月10日  16時42分

12/31~1/4はお休みです。年始1/5から営業いたしますので、よろしくお願いします。

写真追加!営業許可証を持った臼澤ガールズとおたふくソースのお好みマスター

(さらに…)


【お知らせ】12月のイベント情報(12月21日更新)

2011年12月07日  15時00分

12月は、遠野まごころネット主催若しくは共催のイベントが盛りだくさんです。
(日程の変更等がありましたら随時ページを更新してまいりますのでご了承ください。)

12月10日 気仙町復興祭 大槌町まごころコロッケオープン 大槌鮭帰願祭
12月10, 11日 三陸エコビジョンフォーラム
12月12日 東京事務所 開所式(JICA広場にて)
12月17日 大槌北小地区仮設商店街開店イベント
12月22日 仮設住宅居住者向け「大槌町民バス」車輛贈呈・運行記念式
12月23, 24, 25日 サンタが100人やってきた!

(さらに…)



「復興」をテーマにしたラジオ番組に多田副代表が出演

2011年12月01日  20時26分

12月2日の朝4:30より、遠野まごころネットの多田副代表がFMヨコハマに出演します。
東京から山田町を支援する株式会社HRインスティテュート、野口社長にご縁をいただいての出演です。

テーマは「復興」で、
「事務局の吉田慶さんのスピーチ、質疑応答や、復興をテーマにしたワークショップの模様もお届けします」
とのことです。

スマートフォンの場合、radikoにて東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の方がお聞きいただけます。
早起きして、ラジオに耳を傾けてみてください!

■12月2日 4:30~5:00 FMヨコハマ 「yokohama social cafe」
12/2のYokohama Social Cafeは…


オープンハウス11.13に被災者の方100名が訪問

2011年11月18日  10時27分

遠野まごころネットオープンハウスが開催され、約100名の被災者の方が福祉センターを訪れました。ボランティアも出店や各ブースで大奮闘。
そもそもこの企画は、まごころ広場でボランティアをしている西岡さんと大槌町の和太鼓グループ「和美東」の大久保さんの思いつきから始まったもの。「こんなイベントがあったらいいよね」というアイデアがこの日に実現しました。
イベント終了後、西岡さんからメッセージをいただきました。

各地の被災者の方およそ100名、ボランティア50名が一緒にラジオ体操をする姿はとても印象的で感動しました。
完全な準備体制が整っていなかったにも関わらず、短時間で会場のセッティングが完了し、お客様をお迎えすることができました。これもボランティアの方々の“熱い思い”によるものだと感じました。
ご足労いただきましたが、皆様には喜んでいただけたようでイベントを開催した甲斐がありました。
今後も遠野から出かけていき支援活動を続けて参ります。まだまだボランティアの助けが必要ですので、ご賛同いただける方は一緒にがんばりましょう。

 

(さらに…)


大漁旗がはためく「第七箱崎丸」の進水式

2011年11月16日  16時06分

11月12日、釜石市箱崎町で「第七箱崎丸」の進水式が行われ、住民のみなさんとボランティアが港に駆けつけました。進水式とは、船を初めて水に触れさせる儀式で、船が完成したお祝いでもあります。この日は「祝い酒」が港から大音量で響いていました。

かねてより「進水式にはボランティアさんもぜひ来てくださいね。」と箱崎の方からお招きをいただいていました。震災直後は被災地で窃盗団による被害があったため、“よそ者”であるボランティアに対する警戒と不信感がありましたが、お盆前の墓地清掃を行った頃から気持ちが通じ始め、住民のみなさんとの交流が増えていきました。仮設住宅での花の植え込みで大勢の方が一同に会する機会ができたり、郷土料理である「ひっつみ」をご馳走になったり。こういった経緯があり進水式に参加させていただくので、特に長期やリピーターで箱崎に関わってきたボランティアには大変嬉しく、またボランティア活動が認知され関係性が大きく変化してきていることの表れでもあります。

(さらに…)


「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。