遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

まごころネットでの体験を伝えてみませんか?

2011年6月19日  11時25分

この度、GWにまごころで活動された鈴木登紀子さんの企画提案で、「初めての災害ボランティア体験報告会」 というイベントを開催することになりました。 一般の方の前で、体験したボランティア活動を話したり、設営を手伝っていただきます。詳しくは下記に記します

報告会概要

  • 名称: 「初めての災害ボランティア体験報告会(仮)」
  • 日程:
  • 2011年7月15・23・26・30日
  • 2011年8月6・9・20・27日
  • 2011年9月2日(仮)
  • 会場: 東京ボランティア・市民活動センター(東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階)
  • 目的:
    • ボランティア未経験の人にまごころネットで体験したことを伝え、不安を解消させる。
    • まごころネットが個人で参加しやすい環境であることを広める。

    (さらに…)


    6・11 東京でまごころネット支援学生団体「HASA」が決起!?

    2011年6月11日  21時18分

    遠野まごころネットでこれまでにボランティア活動を経験した関東の学生数人によって5月18日に誕生した「まごころ支援学生団体HASA」の決起会が3・11の悲劇からちょうど3カ月がたった11日、東京・渋谷で開催されました。会場となった居酒屋は大盛り上がりで、これからの意識統一や一致団結をはかる絶好の機会となりました。

    決起集会に勢ぞろいした首都圏の各大学の代表たち

    ビールそっちのけで激論が続いた

    団体のメンバーは代表の坂口大樹(ひろき=東大4年)以下、獨協大、早大、東工大など首都圏の大学生20人から構成されており、遠野まごころネットに学生ボランティアを派遣することを主な活動内容として動き始めました。今後関東の学生を対象に、遠野まごころネットの宣伝を兼ねた広報活動と行いながら、実際に希望者を週末ボランティアとして現地に引率する予定。坂口代表は「夏、春など学生の長期休暇には多くの人員を派遣し、現場での人手不足の解消に貢献したい」と意気込みを語った。


    6・4 東京・中野で「遠野まごころネット」をPRしました

    2011年6月07日  13時44分

    事後報告になってしまいますが、6月4日土曜日に東京の中野ブロードウェイにて「遠野探訪」と題されたPRイベントが開催されました。

    会場には遠野名物の? カッパも出現

    遠野市観光協会と遠野まごころネットがタッグを組んで「遠野を盛り上げよう!」「被災地の現状、まごころの活動内容を知ってもらおう!」という趣旨の下、遠野市の特産品(がんずき、りんごジュース、ラムネサイダー、乾燥しいたけ、生野菜など)を特設売り場で販売。遠野市伝統の「鹿子踊り」も披露されました。まごころネットのコーナーでは、総勢11人のネットOB、OGボランティアの方々にもお手伝いいただき、チラシの配布や「がんばろう岩手」Tシャツの販売、被災地やボランティア活動の写真パネルの展示などを行いました。

    遠野の伝統芸能「鹿子(しし)踊り」

    おかげさまで大盛況のうちにイベントは終了しました。しかし、岩手県外でこのような大がかりなPRイベントを行うのは初めてだったこともあり、充分な告知、紹介ができたとはいえません。改善できるところは改善して、これからもみなさんとともに全国で、周知活動、啓蒙運動を続けていく予定です。どうかご協力のほど、よろしくお願いしす。

    まごころネットの2種類のTシャツを販売したボランティアのみなさん




    「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。