遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

【大阪コミュニティ財団】成果発表会のお知らせ

2014年7月10日  11時09分

平成26年8月1日(金)、東京都千代田区のフクラシア東京ステーションにおきまして、公益財団法人大阪コミュニティ財団様が「東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金」を活用した助成事業の成果発表会を開催されます。同発表会は、同基金を活用した助成事業の成果を広く社会に発信・共有し、今後の復興活動支援の一助とするとともに、参加者間のネットワークづくりに資することを目的としたものです。弊法人では、助成対象としていただきました「岩手県沿岸における地域コミュニティ形成を目的とした生活支援事業」の成果につきまして、理事長・臼澤良一が報告させていただきます。ぜひともご参加ください。

(さらに…)



関西事務所がオープンしました

2012年6月18日  15時33分

関係者各位

いつも暖かいご支援を賜り誠にありがとうございます。
東日本大震災から1年3ヶ月が過ぎました。
これまで岩手と東京を拠点に様々な支援活動、ネットワーク作りなどに励んで参りましたが、この度、新たに関西での拠点となる関西事務所を設置いたしました。
(さらに…)



プレスリリース:関西同窓会 「第4回・災害ボランティア報告会」

2012年2月20日  16時30分


2月26日(日)「遠野まごころネット・関西同窓会」は「第4回・災害ボランティア報告会」を開催いたします。

「ボランティアに行ってみたい でも どうやって行ったら良いのかわからない」
「震災から約1年経って そろそろボランティアは必要無いのでは?」 など
興味はあっても方法や現状がわからずにいる関西地域の皆さんにボランティア活動の為のノウハウと被災地の最新情報・活動報告などを提供しボランティア活動の第一歩をふみ出していただける一助となればと開催せていただきます。 (さらに…)

中高生から質問攻めに?!阪南大学中高等学校で特別授業

2011年12月02日  09時47分

大阪にある阪南大学中高等学校の人権教育フェアの一環として11月25日金曜日、 遠野まごころネットの吉田慶と関西同窓会メンバー二人が招かれ、特別授業を行った。校内放送による人権講話を皮切りに中学生への特別授業。ランチタイムディスカッション。そして先生方との懇親茶話会と、一日中大忙しである。

中でも今日の主役は事務局スタッフの吉田慶(28)。早朝の校内放送で、まずはわかりやすくボランティアについて説明。ボランティアはただ「しんどいもの」というイメージがある、という意見に対し 「人との出会いを始め本当に得ることが多く、尽くすばかりの一方的なものではない」と 気軽に始められる活動であることを力説。
また自らの人生の道のりも引き合いに出し、回り道かもしれないが、今こうしてボランティア活動に携わっていることで貴重な体験を積ませてもらえていることに感謝していると話した。
このようにこれからの進路に迷いながらも今、目の前のことに突き進む姿は、生徒たちにとって、身近な存在に感じられたらしく、これまでボランティアに興味の薄かった生徒たちに関心を持ってもらうきっかけを与えたようである。

(さらに…)


3回目の関西報告会も満員!サンタへの募金も

2011年11月28日  21時25分

去る11月19日クレオ大阪中央にて、第3回災害ボランティア報告会を開催しました。
今回は3回目ということで、ボランティア未経験者・経験者、両方のニーズに合った報告会とするため、
 1. 被災地の現状とこれから
 2. 初体験者の活動報告
 3. 関西で出来ること
この3つをテーマにそれぞれ報告してもらいました。今回も満員御礼!スタッフは立ち見となる盛況ぶりでした。

まず、事務局スタッフの吉田慶さん。初心者の為に遠野まごころネットの成り立ちから、今、必要な活動内容、今後の展開など多岐にわたるテーマで話していただきます。

(さらに…)


プレスリリース:関西同窓会「第3回災害ボランティア報告会」11月19日

2011年11月10日  12時54分

来る2011年11月19日、岩手県の被災地などで実際に災害ボランティア活動を経験した、関西在住のOB・OGで結成する「遠野まごころネット・関西同窓会」は「第3回災害ボランティア報告会」を開催します。

「ボランティアに行ってみたい、でもどうやって行ったら良いのかわからない」「震災から8ケ月経って、そろそろボランティアは必要無いのでは?」など、興味はあっても方法や現状がわからずにいる方も多く、そんな皆さんに、ボランティア活動の為のノウハウと、被災地の最新情報などを提供することにより、ボランティア活動の一歩を後押しするものです。

(さらに…)


あっという間に「後5分」!関西「第2回報告会」

2011年10月24日  18時17分

10月22日夜、関西同窓会主催「第2回災害ボランティア報告会」を開催しました。

今回は短い告知期間ならびに雨模様の天候にも関わらず40名が参加。前回より少人数ながらも、より深い話ができ、あっという間の2時間となりました。

今回も事前申し込みの段階で、「興味はあるが、自分が参加できるのだろうか?」、「現地で活動したことはあるが、最近報道もめっきり減ってきており、被災地の今はどうなのか?」「学生たちをボランティア活動に関わらせたいと考えているが、実際にどのような活動が行われ、また、どのような準備が必要なのか?」等の声を寄せていただいていました。また、被災地域のニーズ・活動が変化してきていること、そして、関西圏は台風12号の被災地域も抱えています。 このことを踏まえ、出来る限り新しい情報をお伝えしたい、和歌山県での活動についても情報を提供したいと考え、第1部)9~10月に現地で活動を行ったメンバー2名と和歌山県での活動を行ったメンバーによるパネルディスカッション、第2部)遠野・和歌山・遠野(女性のみ)のグループに分かれて車座になっての質疑応答形式の2部構成で開催しました。

 

(さらに…)


「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。