遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

今後の防災のために・国連防災世界会議「風化に立ち向かう人々」開催

2015年3月18日  11時56分

2015年3月14日(金)から18日(水)まで宮城県仙台市でおこなわれている第3回国連防災世界会議。これまでの各国の自然災害後の支援の成功例と課題解決の実践をディスカッションし、その成果を災害に強いコミュニティ創造と防災技術のスキルアップへ、そして日本とASEANの更なる協働へと繋げることを目的として、遠野まごころネットはパブリックフォーラム「風化に立ち向かう人々 アジアと東日本の大規模災害から今伝えたい事」を、3月15日(日)、TKPガーデンシティ仙台勾当台で開催いたしました。

(さらに…)




今年もやります!「いいたて雪っ娘」カボチャ代理栽培

2013年6月14日  15時39分

いいたて雪っ娘。

「までい」な農村文化で名高い福島県飯舘村特産のとても品質の高いカボチャです。

数十年におよぶ改良を経て、ようやく品種登録ができたのが2011年3月。

直後に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故のため、飯舘村では栽培できなくなってしまいました。

  (さらに…)



いいたて雪っ娘かぼちゃ、ついに収穫!綾織町の畑だけでも140以上の収穫。皆で磨くと雪のように白いかぼちゃに!

2012年9月26日  17時30分

「種の保存プロジェクト」と銘打って始まった、いいたて雪っ娘かぼちゃの代理栽培。9月16日にとうとう収穫が始まりました。5月に発足したこのプロジェクト、福島は放射能の影響で作物を栽培できない地域が多数あります。飯舘村もその一つです。飯舘村が誇るブランドかぼちゃ、いいたて雪っ娘かぼちゃの種を残す為、遠野まごころネットが遠野市で代理栽培を始めました。

(さらに…)


福島のかーちゃんの力・プロジェクト協議会の会長 渡邊さんがいいたて雪っ娘かぼちゃの出来栄えを絶賛!収穫にも丸印

2012年9月20日  17時17分

遠野まごころネットが今年、行っているプロジェクトの一つに「いいたて雪っ娘かぼちゃ」の代理栽培があります。福島県飯舘村のブランド野菜であるかぼちゃ。飯舘村は原発の半径20キロ圏内にあり、野菜を育てることはおろか、人が住むことすらできません。そこで、遠野まごころネットは代理栽培をして種を絶やさないという新しい復興活動を始めました。

(さらに…)



カボチャで絆をつなぐ

2012年5月14日  09時18分

3.11福島原発の影響で計画的避難区域に指定されている福島県飯舘村特産の「いいたて雪っ娘(こ)」カボチャの代理栽培を開始します。 遠野市松崎町の農地で今月末種蒔きを行う予定です。 (さらに…)

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。