- 遠野まごころネット - http://tonomagokoro.net -

【サンタが100人やってきた!2018】サンタボランティアを募集します

ボランティア・サンタが東日本大震災被災地のみなさんを訪問し、プレゼントといっしょに励ましのメッセージを贈る恒例の復興支援クリスマスイベント「サンタが100人やってきた!」。2018年12月23日(日・祝)、岩手県釜石市と大槌町で子どもたちにプレゼントを配ってくださるサンタボランティアを募集します。

 

東日本大震災発生の2011年から開催してきた「サンタが100人やってきた!」も、今年で8回目となりました。 2011年の開催当初から被災地の現状も変化しています。今は物資配布、炊き出し、瓦礫撤去といった緊急支援活動は必要ありません。今、必要とされているのは産業・雇用の創出やコミュニティの再建など地域振興です。今年の「サンタが100人やってきた!」でも、プレゼントの配布も行いますが、それ以上にイベントを通じて地元の方と交流したり、地元の商店を利用したりすることで地域を活性化することに重点を置きます。

 

◯サンタボランティア募集詳細

12/23(日・祝) 釜石市・大槌町 募集人数:100名

※現地集合現地解散となります。

・集合時間は朝10:30です(受付は朝9:30から随時おこなう予定です)

・集合/受付場所は去年と同じくイオンタウン釜石大町広場前(JR釜石駅から徒歩約10分)です。

・サンタ衣装への着替えをお済ませの上、ご集合ください。

・集合場所で出発式をおこなった後、釜石市内と大槌町内のプレゼント配布先に向かいます。

・おおむね15:00までに活動を終了し、釜石市内ないし大槌町内で解散の予定です

班分け・活動への振り分けは主催者にお任せください。

 

◯ボランティア活動協力費

期間中のボランティア活動協力費は、会員や学生の方もふくめ一律1,000円です。プレゼントの購入資金などイベントの開催費用にあてさせていただきます。

 

◯宿泊

現在の遠野まごころネットの本部施設には、宿泊滞在設備がございません。イベント期間中の宿泊先はボランティアの皆様それぞれでご用意ください。現地の宿泊施設(大槌釜石遠野)をご利用いただくことも経済支援になります。

 

◯集合場所までの交通手段

最寄り駅はJR釜石線の釜石駅です。鉄道(JR釜石線)をご利用の場合、6:47花巻駅始発→6:55新花巻駅発→8:04遠野駅発の便は、9:11に釜石駅に着きます。

夜行バス便は、東京(池袋)発の国際興業バス 遠野・釜石号が翌朝7:30に、同けせんライナーが翌朝7:50に、釜石駅前に着きます。

これらを使うと、前日釜石泊まりでなくとも集合に間に合います。

※鉄道・バス便ともに運行には変更の可能性がありますご自身でよくご確認ください

自家用車をご利用の方は、駐車場はそれぞれでご確保ください。受付後、自家用車での同行も可能です。メールでのお申し込みの際、お申し出ください。

 

◯持ち物・装備

・作業着等、通常の活動でお願いしている装備は必要ございません。サンタ or トナカイのコスチュームをご持参ください。コスチュームは節度をもったものでお願いいたします。

・防寒着・防寒下着・手袋・カイロ(冬の岩手は大変、大変寒いです)

・サンタ袋はお持ちいただかなくてけっこうです

・昼食代(500〜1,000円。現地のお店を利用し、経済支援します)

・雨具(少々の雨雪の場合は決行します)

・汗や雨等で濡れた際の着替え

・健康保険証

■受付時に必要なもの:

・平成30年度ボランティア活動保険(天災プラン必須)加入の証明(カードや控え等)
※ボランティア活動保険は全国の社会福祉協議会で加入できます。事前にご加入ください。

・身分証明書 (運転免許証や健康保険証など)

誓約書ならびに免責同意書 (署名をお忘れなく。再訪の方もご提出ください)

・参加費

 

◯注意事項

・本プロジェクトは被災地復興を支援するボランティア活動です。ボランティア活動の経験有無を問わず、その意義を感じていただければ幸いです。参加者一人一人が協力し助け合うことでより素晴らしい催しとなります。

・クリスマスの頃の岩手は、すでに雪が降るのがめずらしくないシーズンに入っています。大変寒いです。防寒対策(ダウンなど真冬用衣料や、使い捨てカイロ等)・防雪対策(防水性があり、暖かく、滑りにくいハイカットの靴等)を十分にしてください。

・スカートタイプのサンタ服を着る方は、スカートの下にズボンを必ず着用してください。

・本企画には大勢の方が参加されます。スムーズな運営には、参加される皆様のご協力が欠かせません。場合によっては裏方にまわっていただくこともあるかも知れません。常に団体行動であることをご理解いただき、チームプレーに徹していただけますようご理解をお願いいたします。

・皆様が訪れるのは、被災地です。たいへん辛い思いをした方が大勢いらっしゃいます。楽しく活動していただくのはけっこうですが、節度ある態度でお願いいたします。また交流を望まない方と無理に交流しようとする、特定の宗教を宣伝する、定められた場所以外で喫煙する、路上にゴミを捨てたり痰唾を吐いたりする等の迷惑行為はご遠慮ください。

・被災現地での写真撮影は節度ある態度でお願いいたします。昨年は地元の方やそのお住いを許可なく撮影する方もおられました。記念に残したい、現状を伝えたいというお気持ちはわかりますが、地元の方のお気持ちを第一にしてください。趣旨を踏まえ、まず活動に集中していただければと思います。

・受付および活動において、本プロジェクトの定める手順や注意事項に反する場合、又その恐れがあると判断される場合は、活動参加をご遠慮いただきますことをご承知おきください。

・首都圏や関西からのサンタバスの運行はございません。

・活動当日は朝食を済ませてご集合ください。昼食は被災地を経済支援するため、現地で購入いたします。アレルギーをお持ちの方やベジタリアンの方はご相談ください。

 

サンタボランティアとしての参加をご希望の方は、以下の要領でお申し込みください。

1. 下のa~nの情報すべてsanta100nin@gmail.comまでメールでご送信ください。表題は「サンタボランティア申込」でお願いします。

 

 a.  ボランティア活動保険(天災プラン)の有無:

 b. 個人参加 or グループ参加:

 c. 遠野まごころネットでの活動経験の有無:

 d お名前(ふりがな) :

 e. 年齢:

 f. 性別:

 g. 住所:

 h. 連絡先電話番号: 

 i. 緊急連絡先氏名・電話番号: 

 j. イベンター申請:

※音楽や踊り、大道芸などで地元の方といっしょにイベントを盛り上げます ! という方はぜひ

 k. 地元の子どもたちとのフットサル交流への参加: 可 or 不可

※必ずしもフットサルへの振り分けになるとは限りません

 l. 出発式後、活動場所までの自家用車の使用: 可 or 不可

 m. 活動終了後の解散場所の希望: あり or なし

※イオンタウン釜石/釜石駅まで(振り分けが大槌の場合は+シーサイドタウンマストまで)送迎あり

 n.その他連絡事項:

 

※お申し込みは先着順に受け付けます。

※お申し込みの締切は12月13日(木)18:00です。

※締切前に定員に達しましたら、応募を締め切らせていただきます。

※グループでご参加の方は、リーダーの方が参加者全員のd~nの情報を記載したリストを添付願います。

※イベンター申請いただいてもイベントを行えない場合もございますので、予めご了承ください。

※ボランティア保険(天災プラン)に加入されていない方はご参加をご遠慮いただきます。

 

2. 登録が完了いたしましたら、登録完了通知メールをsanta100nin@gmail.comより返信いたします。

※ 自動送信ではないため、返信までに数日お時間をいただきます。あらかじめご了承ください。

※内容に不備がある場合は、ご登録出来かねますのでご注意ください。

※ ご自身の迷惑メール拒否設定状況によっては、登録完了通知メールが届かない場合がございます。santa100nin@gmail.comからのメールを受信できるよう設定してください。

 

ご寄付のお願い

プレゼント購入費などにあてる開催資金を募っています。口座への入金のほか、岩手や関東の事務所でも受け付けています。どうぞお住まいの地域でもご寄付を呼びかけてください。サンタボランティアとして被災地に来てくださる方だけでなく、ご寄付してくださる方もサンタです!

 

ご寄付の振込先

 岩手銀行 遠野支店

 普通預金: 2051730

 口 座 名 : トクヒ)トオノマゴコロネット

 

遠野本部岩手県遠野市早瀬町2-5-57・0198-62-1001)

 駅前事務所岩手県遠野市新穀町2-3・0198-62-1010)

 大槌事務所/まごころ就労支援センター大槌岩手県上閉伊郡大槌町第7地割字姥ヶ沢3-4・0193-42-7666)

 まごころ就労支援センター釜石岩手県釜石市甲子町2-12-1・0193-55-5100)

 関東事務所/みちのく社中埼玉県川口市栄町3-11-22 燦プラザ・048-242-3799/JR川口駅から徒歩数分)

に直接お持ちいただいてもけっこうです。留守にしていることもありますので、お電話いただけると確実です。あらかじめご連絡いただけますと、領収書の準備もできますので助かります。

※国際郵便為替(international postal money order)等を使った海外からのご寄付も歓迎いたします。

※領収書の発行をご希望の方は、本部事務局(0198-62-1001・tonomagokoro@gmail.com)までお申し付けください(銀行からは振込依頼人の個人情報が提供されません。お名前、ご住所、電話番号、入金日、入金額をお知らせください)。

※募金箱を置いてくださるお店も募集中です。こちらも本部事務局(0198-62-1001・tonomagokoro@gmail.com)までご連絡ください。

 

 

「サンタが100人やってきた!」のきっかけ

きっかけは関東のボランティアKさんが震災直後に陸前高田市の避難所に派遣された看護師さんのブログを目にされたことでした。

避難所で看護師さんと仲良くなった小さな女の子が、お願いしてきたそうです。

「また冬になったらサンタさん来てくれるかな? おうちなくなっちゃったけどサンタさん、プレゼント持って帰ってしまわないようにお姉ちゃんから言っておいて」と。

思わず口にした「なにが欲しい?」との問いかけに、女の子の返事は「おうちとママ」。

母親は、女の子が大事にしていたお人形や絵本の入ったリュックを抱えて亡くなっていたのだそうです。

3月11日の震災は、試練というにはあまりにもむごすぎる体験を子どもたちに与えました。

発災から時間が経過していますが、心の傷はまだ消えてはいません。

子どもたちが、そしておとな達も、少しでも笑顔になれるようなクリスマスを今年もプレゼントしたいと思います。

 

【お問い合わせ】
遠野まごころネット本部事務局
0198-62-1001(平日10〜18時)
tonomagokoro@gmail.com

こちらのお問い合わせフォームもご利用ください。