遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

赤ちゃんコスモスが結ぶ新たなご縁

2011年8月10日  23時16分

岩手県沿岸部のある仮設住宅にコスモスの苗を30本お届けしました。このコスモスは、遠野まごころネットで活動中の冨澤正宏さんが7月20日にボランティアのみんなと種まきをして大切に育てた苗です。約950粒の種を蒔いたうち、これまでに約150粒分の苗が各地の仮設住宅に配布されたそうです。一粒ずつ植えられた小さなケースのなかですくすくと育った赤ちゃんコスモスは仮設住宅で生活を始めたばかりの住民の方々に新たなご縁をもたらすきっかけとなりました。

はい、どうぞ~

仮設住宅で暮らす女の子がボランティアスタッフと一緒にコスモスの苗を住民のみなさんにお配りしたところ、大変喜ばれました。入居してまだ日が浅く、住民同士の交流もほとんどなかったようですが、このコスモスの苗が仮設住宅での新たな近所付き合いを始めるきっかけとなったほか、昔からの知り合いだった方と偶然に再会された方もいらっしゃいました。赤ちゃんコスモスが花を咲かせる頃には、この仮設住宅にも新たなコミュニティの輪が広がっているといいですね。

新たなご近所付き合いのきっかけになりました

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。