遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

まごころネット物資チームが福島へ

2012年2月23日  14時52分

2012年2月7日、一般社団法人「ブリッジ・フォー・フクシマ」が運営する「相馬基地(福島県相馬市)」に荒川栄悦顧問含む遠野まごころネット物資チームが行ってきました。 相馬基地は、相馬市で住居からの泥出しや瓦礫撤去、支援物資の配給などを行なっている団体です。

相馬市の沿岸部です。

相馬市の沿岸部です。

今回、遠野まごころネットが福島県へお伺いすることができたのは、まごころネットの協力団体であるJAPAN PLATFORMの松永秀樹さんから支援物資の要請をうけたからです。

お届けした飲料水です。

お届けした飲料水です。


相馬市では現在でも水や生活用品などの物資配給が行われています。
特に飲料水は妊婦、乳児や山間部に住む井戸水を使っている世帯に配られていて、先日も300人もの人たちが列を作ったそうです。
遠野まごころネットで保管している支援物資からペットボトルの飲料水を3tほど、トラックいっぱいに持っていきました。

積み下ろし作業中

積み下ろし作業中

集合写真

集合写真


相馬基地の倉庫で荷物を降ろしたのち、物資チームは南相馬市、飯舘村を視察し、以前松永さんが伺ったことのある仮設住宅の集会所にお邪魔しました。この仮設団地では代表の方が民芸細工を作っていて、入居している方々につくりかたを教えるという活動を行なっているそうです。

仮設住宅の集会所でつくられている工芸品

仮設住宅の集会所でつくられている工芸品

遠野まごころネットは、東日本大震災の当事者意識を持ち、今後岩手だけでなく宮城、福島にもできる範囲で支援活動を行っていきたいと考えています。

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。