遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

日帰り遠足「恵みの森」自然学校

2012年6月23日  01時49分

遠野まごころネットでは、子どもたちの心のケアの一環として、遠野市レクリエーション協会、岩手県レクリエーション協会の全面協力を得て「日帰り遠足〔恵みの森〕自然学校」を開催しています。

6月10日(日)には陸前高田市立横田小学校の小学生を招待しました。

午前10時、昨年に引き続き、会場となっている遠野市内の柏木平レイクリゾートに子ども達が到着。

まずは室内で1時間ほど子どもも大人も一緒になって遊びました。

きちんとお話聞いてるかな?

名札を作っています

後出しじゃんけんで元気いっぱい

体を使ってじゃんけんポン!

童謡に合わせて肩たたき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼はピザ作り体験です。

ピザのトッピングを自分で行うもので、中にはチーズや野菜でユニークな模様を作る子もいました。

その後、ピザは石窯で焼かれ、出来たて熱々のピザを楽しく頂きました。

ピザのトッピング中

この窯でピザを焼いています

あの人気者◯◯チュー?と一緒に

上手に焼けました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は天候に恵まれず、午後は室内でスタンプラリー(ストラックアウトやバンブーダンスをし、スタンプを集める)を行いました。一方、保護者の方はその間、手芸体験などを行ないました。

的に当たるかな?

リズム良くジャンプ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、近くの釜石線をSLが走るということで、みんなで柏木平駅に向かい、SLを見ました。

子ども達は初めて見るSLに興味津々。お腹に響く大きな汽笛の音に驚いたり、初めてふれた煙の匂いに

目を丸くしている子どもたちもいました。

SLでみんな興奮!

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。

プログラムの最後、帰りの会ではスタンプラリーの景品交換がありました。

そして、子ども達から一日を締めくくる元気な挨拶があり、この日の「日帰り遠足〔恵みの森〕自然学校」は終わりました。

くじを引いて何が貰えたかな?

 

今年度はこれまで4回ほど開催しました。子どもたちは元気に遊んでいます。
保護者の方に話を伺うと、「グラウンドには仮設住宅が建っていたり、側溝があるため子ども達を満足に遊ばせることができない。なのでこうした機会はとても貴重だ」とのことです。
子ども達に元気いっぱい外で遊んでもらうことを目的に開催しているこのイベント。今後も秋まで続く予定です。

是非ご参加ください。

最後は全員で記念撮影

(取材班 阿部和繁)

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。