遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

まごころ収穫祭開催!被災地の自然から穫れた野菜などを使った料理を遠野市でふるまいました。

2012年10月30日  15時00分

2012年10月27日、遠野市蔵の道広場にて遠野まごころネット主催の「まごころ収穫祭 2012」が開催されました。

大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、各地区の団体や協議会がブースを出展し、各々の収穫物を披露。焼き鮎やジンギスカン、サンマなど会場は美味しそうな匂いに包まれていました。

遠野市

抹茶

大槌町

釜石市

釜石のモツ煮  

大船渡市

  東京でも有名な大船渡のサンマ  サンマ焼きの名人! 

陸前高田市

上長部の小麦を使ったピザ

震災から1年7ヶ月が過ぎました。ガレキを撤去し地面からガラスなどを取り除き土を耕し作ってきた野菜。沿岸部から穫れた魚介類。復興へと確かに歩き出している。その成果を見せるときが来ました。

今回の目玉は福島県の飯舘村の特産品、いいたて雪っ娘かぼちゃです。福島県は原発事故により農作物を栽培することができません。そこで、遠野まごころネットは「種の保存プロジェクト」活動として、かぼちゃの代理栽培を始めました。その、いいたて雪っ娘かぼちゃを今回、かぼちゃスープと小豆とかぼちゃのいとこ煮を来場された方々に味わっていただきました。

 

そして、岩手県議会議員 工藤勝子様のご協力もいただきました。本当にありがとうございました。工藤様は「先日の県議会でNPO法人への協力を訴えた。皆様の活動に敬意と感謝を表したい」との言葉もいただきました。

もうすぐ、11月になり冬が近づいてきますが今後も被災地域復興のお手伝いをさせていただきたいと思います。

(文:及川将志 写真:取材班一同)

2 Responses to “まごころ収穫祭開催!被災地の自然から穫れた野菜などを使った料理を遠野市でふるまいました。”

  1. 渡邊とみ子 |

    お疲れ様でした。いけなくて申し訳ありませんでした。
    にぎわった様子で嬉しくなりました。

  2. 石川有 |

    南瓜のスープ!サンマ、鮎、鮭の粗汁、ピザ!!あ、あれ?食べ物ばっかしじゃんか。うふふ、さっき頂いたマドレーヌも美味しかった(はあと)・・・収穫祭だから、いいかなあ?さつまいもを食べ損ねた!モツ煮も、ジンギスカンも、ああ!お抹茶に、ガレットもだ!(何をしに行ったのか・・・ええと、そんなに散らかっていませんでしたよね?ごみの片付け、分別をしてくださった皆様。ありがとうございます。)来ていただいた皆様が、愉しんでいたと思いたい。って楽しかったですよねえ?

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。