遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

印刷用ページを表示 印刷用ページを表示

【あまほらヴィンヤード】2017年秋の実り、そして復興のために(6/22更新)

2017年6月22日  11時35分

東日本大震災から6年以上が経過し、コミュニティの再建と経済の振興が大きな課題となっている岩手県沿岸被災地。被災地に新たな産業を生もうと、ブドウの栽培とワインの醸造に挑戦する釜石まごころの郷「あまほらヴィンヤード」地図の2017年の取り組みです。

 

◯4月14日(金)

春が来て、農作業も本格化です。この日はブドウ畑の草取りや、ワイヤーに絡みついた去年の弦を取り除く作業などをしました。

 

◯4月28日(金)

まごころ就労支援センター釜石の利用者さんに、ぶどうの苗木の植樹と草取りをしていただきました。

 
苗植え係、水やり係、踏み固め係など、みんなで作業分担をして進めました。


10数本の植樹だったので、ようやく作業に慣れるころには終了してしまいましたが、みんなでやりとげた達成感がありました。

 

すくすく成長し、おいしい釜石ワインになりますように。

 

◯5月5日(金・祝)

昨年穫れたブドウでつくった釜石ワインシャルドネ60アッサンブラージュの解禁日

イオンタウン釜石様では30分で完売。

ウェブショップも夕方までには完売になりました。

今年のブドウも、おいしいワインに育てます。

 

◯5月9日(火)

敷地内に建設されるまごころ就労支援センター釜石の新施設の起工式と地鎮祭の前、まごころ就労支援センターの利用者さんたちといっしょに草取りをしました。

 

すっきりした気分で式を迎えられました。

 

◯5月24日(水)

定期的に活動してくださっている東京のボランティアのI様。まごころ就労支援センターの利用者さんたちといっしょに草取り作業をしてくださいました。

いつもありがとうございます。

 

◯5月26日(金)

小雨が降ったり止んだりの午前中、まごころ就労支援センター釜石の利用者さんたちと草取りをしました。


土に湿り気があって草取りがしやすかったです。大きい雑草も引っこ抜けました。

みなさん、一日おつかれさまでした!

 

あまほらヴィンヤードのラベンダーにはつぼみが。

葉も綺麗な新緑です。

 

日比谷花壇様と西松建設様「ひまわりプロジェクト」様より2015年に寄贈いただいたタイムは満開です。

 

そして4年目のシャルドネが実りました。

しっかり手入れをして大事に育てていきたいと思います。

 

 

◯6月4日(日)

「翼」独日高校生交流プロジェクトでドイツに派遣される高校生たちが見学に来てくれました。

 

◯6月6日(火)

前日から、釜石祥雲支援学校高等部2年の男子生徒さんおふたりが、実習生としてまごころ就労支援センターに来ています。午後からセンターの利用者さんといっしょに環境整備作業をしていただきました。

 

ラベンダーのつぼみが色づいてきました。

開花直前のふっくらしたタイミングで収穫して、ラベンダーのサシェの材料にします。

 

◯6月9日(金)

参天製薬のボランティアさん・総勢20名のみなさんにボランティア活動していただきました。

作業はハーブを植えるのにつかうプランターへの土入れ

 

そして鹿よけネットの補修です。

 

風で傾いていたポールを根元を掘って修正。外れていたネットもなおしていただきました。

 

最後は草取りをしていただきました。

 

暑い中、皆さん汗をたくさんかいていましたが、楽しそうにそしてにぎやかに作業してくださいました。ありがとうございました。

 

◯6月16日(金)

まごころ就労支援センターの利用者さんたちに、ブドウ畑の草取りとラベンダーの剪定をしていただきました。

 


ラベンダーも、おまけに雑草もぐんぐん成長しておりました。

作業後半、雨が降りそうな気配を感じたため少し早めに撤収したら、その直後に雨が降り出しました。最近の天気は変わりやすいです。

 

◯6月20日(火)

人事院初任行政研修第2コースの皆様がお立ち寄りくださいました。

 

あまほらヴィンヤードでの取り組みやぶどうについて、スタッフより説明させていただきました

「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。