遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット



埼玉・川口銀座商店街で岩手・福島支援イベント開催

2014年1月06日  15時22分

特定非営利活動法人遠野まごころネットは、埼玉県・川口銀座商店街振興組合様より、中小企業庁 平成25年度地域商店街活性化事業「被災地支援を中心にした地域間交流拠点の創造」の企画運営に関する業務の一部を委託され、協働しています。

この事業の一環で、川口銀座商店街「樹モール」におきまして、被災地復興イベントならびに「いいたて雪っ娘」カボチャの開発者・菅野元一氏のトークショーを開催いたします。ぜひともご参加ください。

 

被災地復興支援イベント

開催日:平成26年1月17日(金)・18日(土) 11時~18時

場所:埼玉県川口市・川口銀座商店街「樹モール」内「燦プラザ」および「燦ぎゃらりー」

   (JR川口駅東口から徒歩5分)

内容:岩手県と福島県被災地の物産(特にかーちゃんの力・プロジェクト「いいたて雪っ娘」商品)の販売

   被災された皆さん作製の手仕事品の販売

   被災地の現状や遠野まごころネットの取り組みの紹介

   絆デザイン・魅力創造事業(盛岡市より受託)の支援商品の展示会(「燦ぎゃらりー」)

yukikko13

 

福島県飯舘村・菅野元一氏トークショー

タイトル:「福島復興かぼちゃ『いいたて雪っ娘』を活用した取り組み」

開催日時:平成26年1月18日(土)14時〜16時

場所:埼玉県川口市・川口銀座商店街「樹モール」内「燦ぎゃらりー」

   (JR川口駅東口から徒歩5分)

「いいたて雪っ娘」生みの親 菅野元一さん

「いいたて雪っ娘」生みの親 菅野元一さん

菅野元一氏プロフィール:1950年福島県飯舘村生まれ。宇都宮大学大学院卒業後、公立高校教諭及び校長として36年間勤務し震災年に定年退職。この間高校生に教え人材育成をしつつ農作物の研究、特に品種改良に取り組み現在に至る。ジャガイモとカボチャで品種登録。他に水稲、ナス、果樹等多くの改良中。モットーは「優れた原料の品種からブランド品が生まれる!」原発事故で避難生活中にも負けず、平日は再任用で高校生に園芸を教え、週末や休日は研究に専念している。カボチャ「いいたて雪っ娘」は震災の4日後に品種登録され誕生し不思議な運命を感じる。

 

スクリーンショット 2014-01-06 11.26.19



今年もやります!「いいたて雪っ娘」カボチャ代理栽培

2013年6月14日  15時39分

いいたて雪っ娘。

「までい」な農村文化で名高い福島県飯舘村特産のとても品質の高いカボチャです。

数十年におよぶ改良を経て、ようやく品種登録ができたのが2011年3月。

直後に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故のため、飯舘村では栽培できなくなってしまいました。

  (さらに…)



いいたて雪っ娘かぼちゃ、ついに収穫!綾織町の畑だけでも140以上の収穫。皆で磨くと雪のように白いかぼちゃに!

2012年9月26日  17時30分

「種の保存プロジェクト」と銘打って始まった、いいたて雪っ娘かぼちゃの代理栽培。9月16日にとうとう収穫が始まりました。5月に発足したこのプロジェクト、福島は放射能の影響で作物を栽培できない地域が多数あります。飯舘村もその一つです。飯舘村が誇るブランドかぼちゃ、いいたて雪っ娘かぼちゃの種を残す為、遠野まごころネットが遠野市で代理栽培を始めました。

(さらに…)


福島のかーちゃんの力・プロジェクト協議会の会長 渡邊さんがいいたて雪っ娘かぼちゃの出来栄えを絶賛!収穫にも丸印

2012年9月20日  17時17分

遠野まごころネットが今年、行っているプロジェクトの一つに「いいたて雪っ娘かぼちゃ」の代理栽培があります。福島県飯舘村のブランド野菜であるかぼちゃ。飯舘村は原発の半径20キロ圏内にあり、野菜を育てることはおろか、人が住むことすらできません。そこで、遠野まごころネットは代理栽培をして種を絶やさないという新しい復興活動を始めました。

(さらに…)



「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。