遠野まごころネット

遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

【あまほらヴィンヤード】2017年秋の実り、そして復興のために(6/22更新)

2017年6月22日  11時35分

東日本大震災から6年以上が経過し、コミュニティの再建と経済の振興が大きな課題となっている岩手県沿岸被災地。被災地に新たな産業を生もうと、ブドウの栽培とワインの醸造に挑戦する釜石まごころの郷「あまほらヴィンヤード」地図の2017年の取り組みです。

(さらに…)


【「翼」独日高校生交流プロジェクト】夏 最後の派遣に向けて(6/18更新)

2017年6月18日  18時00分

岩手県の高校生をドイツに派遣し、異文化に触れて見聞と視野を広めてもらい、将来の東北復興の力になってもらうことを目的とした「翼」独日高校生交流プロジェクト(主催:NPO法人絆・ベルリン。共催:ロバート・ボッシュ財団、NPO法人遠野まごころネット)。第五期となる今年2017年はプロジェクト最後の派遣となります。沿岸そして内陸から選抜された6人の派遣生達は今、オリエンテーションを通して日本や岩手の文化、東日本大震災被災地の状況をドイツの皆様に伝える準備をしています。

(さらに…)


遠野まごころネット・2017年の復興支援活動

2017年6月05日  18時35分

東日本大震災の発生から6年が経過しました。復興が進む地域がある一方、復旧すらまだの地域もあります。生活を順調に再建する人がいる一方、今も仮設住宅に暮らす人やお仕事を失ったままの人もいます。復旧復興の格差が広がる今、遠野まごころネットは以下の活動に取り組んでいきます。

(さらに…)


【まごころ就労支援センター】新・釜石センターの建設がはじまりました

2017年5月10日  10時46分

復興の格差が広がっている今、被災地の障がいをお持ちの方々が復興から取り残されないよう集える場所・働ける場所を提供するまごころ就労支援センター。大槌と釜石の両センターともに利用してくださる方が順調に増え、日々楽しく活動しています。一方で釜石のセンターは利用者さんが増え、手狭になってきています。そこで釜石市甲子町のソーシャルファーム「あまほらヴィンヤード」内に新施設を建設することとなりました。5月9日(金)には起工式と地鎮祭が執り行われました。

(さらに…)


【あまほらヴィンヤード】2016年産釜石ワイン、完売しました!

2017年5月08日  11時44分

東日本大震災から6年以上が経過し、コミュニティの再建と経済の振興が大きな課題となっている現在の岩手県沿岸被災地。遠野まごころネットでは被災地に新たな産業を生むためさまざまな活動をおこなっています。そのうちのひとつが、釜石まごころの郷「あまほらヴィンヤード」での釜石ワインの開発です。昨年までは試験的な生産にとどまっていましたが、5月5日(金・祝)午前10時、ついに2016年産のワインの一般販売が解禁されました。

(さらに…)


【あまほらヴィンヤード】釜石ワイン、ネット販売開始のお知らせ

2017年5月04日  15時19分

東日本大震災から6年以上が経過し、コミュニティの再建と経済の振興が大きな課題となっている現在の岩手県沿岸被災地。遠野まごころネットが被災地での「なりわい」づくりのため開発してきた釜石ワインのネット販売を、5月5日(金・祝)午前10時より開始いたします。

(さらに…)


【あまほらヴィンヤード】ワインとシードルの発表会&試飲会を開催しました

2017年4月29日  09時55分

東日本大震災から6年以上が経過した今の岩手県沿岸被災地。コミュニティの再建と経済の振興が大きな課題です。遠野まごころネットでは、被災地でのなりわいづくりのため、「釜石ワイン」と「釜石林檎シードル」を開発してきました。その発表会と試飲会が、4月26日(水)イオンタウン釜石で開催されました。

(さらに…)



【復耕支援】大槌町・はーぶの郷だより 2016年11〜12月

2016年11月15日  15時51分

岩手県大槌町にある「はーぶの郷」(地図)は、被災したみなさんが集ったり働いたりできるソーシャル農園「まごころの郷」の3か所めとして、2012年に開所しました。まごころ就労支援センターの利用者さんはじめ地元の皆さん、そしてボランティアさんたちと取り組む2016年の復興支援活動を、こちらでご紹介いたします。

※はーぶの郷は、被災地復興のための「コミュニティづくり」「なりわいづくり」の場です。「ハーブを育てて被災地復興へ」も、あわせてご覧ください。

(さらに…)


【復耕支援】大槌町・はーぶの郷だより 2016年9〜10月

2016年10月31日  10時30分

岩手県大槌町にある「はーぶの郷」(地図)は、被災したみなさんが集ったり働いたりできるソーシャル農園「まごころの郷」の3か所めとして、2012年に開所しました。まごころ就労支援センターの利用者さんはじめ地元の皆さん、そしてボランティアさんたちと取り組む2016年の復興支援活動を、こちらでご紹介いたします。

※はーぶの郷は、被災地復興のための「コミュニティづくり」「なりわいづくり」の場です。「ハーブを育てて被災地復興へ」も、あわせてご覧ください。

(さらに…)


「陸前高田市広田町大野地区のコミュニティ施設設営事業」は 「平成23年度(復興支援)被災者支援拠点づくり活動補助事業」の 助成金の補助をいただいています。